OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンマーヘッドシャークのシーズンについて

伊豆大島で毎年のように夏から秋にかけて、

ハンマーヘッドシャークのシーズンが始まります。

季節の時期として6月~9月までの3ヶ月間ですが、

黒潮の影響等により若干、季節が変わる事もあります。

毎年のように見られる時期は、7月~9月がオススメです。

早朝の時間帯になりますが、

いったん出始めると1週間から10日ぐらいまで、

ほぼ毎朝のように見られることが多いです。

6月の夏至辺りから始まり9月までは日の出前から、

1時間ほどがハンマーヘッドシャークの見れる時間帯です。

詳細の時間帯は、6~7月にかけては朝の4時30分~5時30分ぐらいまでが勝負の時間帯。

8~9月までは、5時~6時ぐらいまでの時間帯が多いです。

朝早い時間帯の理由として、

伊豆大島ではイサキやタカベといった魚を狙う時間帯として考えられます。

実際に何度が捕食するシーンを見かけたことがあるのが理由のひとつです。

その他にもきっと理由があると思いますが、上記の理由が主だったものだと考えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

伊豆大島ではビーチエントリーで、

ハンマーヘッドシャークを見る事が出来るので、

国内はもちろんのこと海外でも聞いたことが無い非常に珍しいダイビングポイントになります。

そんな素晴らしいポイントがある伊豆大島でハンマーヘッドシャークを見に行き、是非皆さんと一緒に貴重な経験をしてもらえたらと考えてます。

当店では、初めて早朝ハンマーヘッドシャークのリクエストを受ける場合は、前日にダイビングポイントのケイカイで日中のダイビングをしていただきます。

理由として、エントリーエキジットの注意点。

水中での地形や潮の流れなど、見る場所の説明。

ハンマーヘッドシャークを見るための注意点や見ていただくための姿勢や撮影ポイントの説明をしていきます。

ビーチエントリーのなで、足場が悪い場所や狭い場所などがあるのと、ダイビングポイントのケイカイは、地中から湧水が流れ込むため、エントリー付近はサーモクラインが常に出ています。

そのため、朝早い時間帯は暗く、見えにくいので沖へ出る際に前の方が見えにくかったり違う方向に進んでしまう事が多いからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、いくつかの注意点で最も重要な点があります。

朝早い時間帯なので水中ライトを持っていく方が多いのですが、

基本、水中ライトは持たないようにしています。

その理由として、ハンマーヘッドシャークや他の生物を驚かせてしまい、逃げてしまう事があるので持ち込みは禁止です。

撮影をされる方も外部ストロボは発光禁止になります。

おススメとしては、コンパクトデジタルカメラの方は動画撮影をお勧めしてます。

何故なら、内部ストロボでは発光させても被写体であるハンマーヘッドシャークには光が届かなく、

発光禁止にすると、手振れが起きやすいので動画撮影をした方が格段にその姿を捉えることが大きいからです。

一眼レフのカメラの方は、レンズはワイドレンズを装着してハウジングのみがオススメです。外部ストロボやターゲットライトが付いていると潮の流れに逆らう形が多いので撮影条件は厳しくなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当店でのリクエストがある方は以下の条件を踏まえてリクエストをお願いします。

初めてのリクエストの方は前日までに日中のダイビングをしていただきます。

カードランクはオープンウォーターレベルから見る事も出来ますが、泳ぎが苦手な方や経験本数が極端に少ない方は、こちらで判断させていただきます。

早朝ハンマーヘッドシャークのみのリクエストはお断りしております。それだけの見所だけでは語りつくせない素晴らしいダイビングポイントがあるからです。

当日の朝に到着する大型船で来島して、そのまま早朝ダイビングをされる方がいらっしゃることが多いのですが、慣れない船中泊で睡眠不足で早朝ダイビングされるとリスクが高いのでお断りしています。

ゲスト最大人数は1グループで4~5人までとしています。

日程の関係で複数のゲストさんが参加される場合は、こちらで調整をさせていただきます。

ダイビングポイントを利用する上で、伊豆大島ダイビング連絡協議会のルールを守っていただきます。

ルールの記載は下記のリンクからご覧になれますので、

一度拝見していただくと良いかと思います。

「伊豆大島ダイビング連絡協議会」

料金につきましては、

メニュー&料金のページをご覧ください。

ご質問等はメールや電話でお問い合わせくださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>